虹の園は AEDを
設置しています。

AED(自動体外式除細動器)とは?
 心臓突然死の主な原因に、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。心室細動発生から1分ごとに救命率が7〜10%下がるといわれ、いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動は、最も効果的な方法だといわれています。この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。

AEDは高度管理医療機器です。

 日本ではこれまで、AEDを使用できるのは医師や救急救命士に限られていましたが、2004年7月から、救命のためであれば一般市民も使えるようになりました。AEDの操作は驚くほど簡単です。音声ガイダンスに従って、電極を傷病者の胸部へ張付け、解析結果に基づいて通電ボタンを押すだけですみ、操作に高度な専門知識を全く必要としません。
心肺蘇生の手順の中でもAEDは重要な要素
心肺蘇生の手順などを記した国際ガイドラインの中で、AEDは救急蘇生の一連の手順に含まれおり、命を救う重要な役割を担っています。
セコムのAEDは、3ステップで簡単に操作が可能
 虹の園では、施設内だけではなく、地域の方にもいざと言うときにはAEDを利用していただこうと考えています。また、虹の園職員はAEDを使用した心配蘇生法のトレーニングを定期的に実施しています。

 虹の園は、AEDの設置状況を埼玉県に届け出ています。

AEDマップをご利用下さい。